DigiCert EV コード署名証明書

DigiCert(デジサート) EV コード署名証明書について

証明書によるソフトウェアの安心と安全

「コード署名証明書」は、開発者がソフトウェアにデジタル署名を行うことで、ソフトウェアの「発行元」や「ソフトウェアが改ざんされていない」ことをユーザーに明示し、正規品であることを証明するものです。

DigiCert の「EV コード署名証明書」によって署名されたソフトウェアは、通常のコード署名証明書の利点(発行元の証明や改ざん検知)に加え、Internet Explorer® 9 以降 または Windows® 8 以降において、提供開始当初からマイクロソフトの SmartScreen フィルタ機能の高評価を得ることが可能です。これにより、ソフトウェアのダウンロードや実行時の警告が非表示になることで、警告表示に不安を感じた利用者がソフトウェアの利用を取りやめるというケースを少なくすることができます。
さらに、この証明書の発行元である DigiCert はマイクロソフトとパートナーであり、マイクロソフトはコードサイニング証明書発行認証局として DigiCert を推奨しています。

DigiCert EV コード署名証明書の特長 :

  • 1 ライセンスで複数のプラットフォームをサポート
  • 強固な暗号化、二要素認証
  • 幅広い OS 及びブラウザの信頼性
  • SmartScreen でアプリケーション評価を確立
  • ハードウェアセキュリティモジュール (HSM) のサポート
  • 競争力のある価格設定

DigiCert EV コード署名証明書 製品情報

署名アルゴリズム「SHA-2」に対応

サイバートラストの「DigiCert EV コード署名証明書」ならび「DigiCert EV コード署名証明書 プレミアム」は、署名アルゴリズム「SHA-2」に対応しています。

Windows 7 以降を対象とするユーザーアプリケーションを警告なくインターネットで提供する場合、SHA-2 のコード署名証明書による署名が必要となるため、下記の対応環境をご確認のうえ、DigiCert への移行をご検討ください。


署名対象 OS SHA-1 SHA-2
ユーザーアプリケーション Windows XP SP3 / Windows Vista
Windows 7 以降 ×
カーネルドライバ Windows XP SP3 / Windows Vista ×
Windows 7 以降 ×
Windows Server 2008 ×
Windows Server 2008 R2 以降 ×

○は警告なし、×は警告あり

1 ライセンスで複数のプラットフォームをサポート

他社コード署名証明書の多くは、1 ライセンスで署名できるのは 1 つのプラットフォームだけです。 DigiCert EV コード署名証明書はひとつのライセンスで、Windows アプリケーションだけでなく、MacOS、Java コード、Adobe AIR アプリケーションなど複数環境への署名に対応しております。


DigiCert EV コード署名証明書の必要性

オンラインで購入のお申し込みができます

お電話やメールでもお問い合わせいただけます
サイバートラスト総合受付(受付時間 平日9:00 - 18:00)
0120-957-975