証明書によるソフトウェアの安心と安全

DigiCert コード署名証明書

コード署名証明書について

コード署名証明書は、開発されたソフトウェアコードが第三者によって改ざんされていないこと、またはウイルスやマルウェアなどにより侵害されていないことを確認する方法として、アプリケーション、ドライバなどのプログラムにデジタル署名するために使用されます。
コード署名証明書により署名されることで「誰によって署名されたか」と「署名以降変更されていない」ことが保証されます。

コード署名証明書は、ユーザーがソフトウェアをダウンロード、インストールまたは起動する際に警告メッセージを受け取らず、保護するのに理想的なソリューションです。

この証明書の発行元であるDigiCert はマイクロソフトとパートナー関係であり、マイクロソフトはコードサインの証明書発行認証局として DigiCert を推奨しています。

DigiCert コード署名証明書 ラインアップ

 

DigiCert
コード署名証明書

ソフトウェアを改ざんから防ぎ、信頼できる保証を提供

製品紹介

DigiCert
EV コード署名証明書

二要素認証によるさらなる信頼、Microsoft SmartScreen対応

製品紹介

DigiCert
EV コード署名証明書
プレミアム

2製品をセットでご提供、圧倒的なコストパフォーマンス

製品紹介

対応プラットフォーム
Microsoft
Authenticode®
Microsoft Office &
Microsoft VBA
Microsoft Kernel-Mode
Code Signing
Adobe® AIR®
Java®
Mozilla® Objects
価格
有効期限1年 54,600 75,000 95,000
有効期限2年 100,800 138,000 174,800
有効期限3年 144,000 198,000 250,800
  お申し込み お申し込み お申し込み

1 ライセンスで複数のプラットフォームをサポート

他社コード署名証明書の多くは、1 ライセンスで署名できるのは 1 つのプラットフォームだけです。 DigiCert EV コード署名証明書はひとつのライセンスで、Windows アプリケーションだけでなく、MacOS、Java コード、Adobe AIR アプリケーションなど複数環境への署名に対応しております。

署名アルゴリズム「SHA-2」に対応

DigiCert コード署名証明書は、署名アルゴリズム「SHA-2」に対応しています。

Windows 7 以降を対象とするユーザーアプリケーションを警告なくインターネットで提供する場合、SHA-2 のコード署名証明書による署名が必要となるため、下記の対応環境をご確認のうえ、DigiCert への移行をご検討ください。

署名対象 OS SHA-1 SHA-2
ユーザーアプリケーション Windows XP SP3 / Windows Vista
Windows 7 以降 ×
カーネルドライバ Windows XP SP3 / Windows Vista ×
Windows 7 以降 ×
Windows Server 2008 ×
Windows Server 2008 R2 以降 ×

◯ は警告なし、× は警告あり

圧倒的な価格優位性

DigiCert EV コード署名証明書は、国内の他社主要認証局が発行するものと比較して、圧倒的にコストパフォーマンスが優れています。

EV コード署名証明書単体

有効期間 2 年の EV コード署名証明書で比べた場合

しかも DigiCert なら、他社 EV コード署名証明書ではサポート対象外の VBA, Java, Adobe AIR にも署名可能!

EV コード署名証明書の他社料金比較を詳しく見る

EV コード署名証明書+
通常のコード署名証明書セット

有効期間 1 年の、EV コード署名証明書と通常のコード署名証明書のセットで、MS Authenticode(EV) と Java(通常)の 2 プラットフォームで署名するケースで比べた場合

EV コード署名証明書 + 通常のコード証明書セットの
他社料金比較を詳しく見る

お申し込みはこちら

「何から始めればいいかわからない」などWebでお申し込みいただくにあたって、
お申し込みの流れをご案内します。

オンラインで購入のお申し込みができます

お電話やメールでもお問い合わせいただけます
サイバートラスト総合受付(受付時間 平日9:00 - 18:00)
0120-957-975