1. 商品に関するご入力
  2. 申請組織情報に関するご入力
  3. 内容のご確認
  4. 送信完了

SSL 証明書のお申し込みに際しては「DigiCert SSL 証明書 申し込み手続きのご案内」、コード署名証明書のお申し込みに際しては「DigiCert EV コード署名証明書_お申し込み手続きのご案内」を必ずご確認ください。
下記の項目をご入力のうえ、「次の入力画面へ」ボタンをクリックしてください。
必須 項目は必ずご入力ください。

お見積書が必要な場合は、DigiCert オンライン見積りより発行してください。

商品に関する内容のご入力

商品選択

商品選択必須 ■SSLサーバー証明書
 
ヒント
EVマルチドメイン証明書とは?
EV マルチドメインサーバー証明書は、通常のマルチドメイン証明書に比べ、より厳格な基準の認証が行われるため、非常に強固な安全性を持つ SSL/TLS 証明書です。アドレスバーの緑色の表示と企業名の表示で信頼感を与えることが可能です。

 
ヒント
マルチドメイン証明書とは?
マルチドメイン証明書は、1 枚の証明書で 2 つ以上のドメインで利用できる証明書です。ドメイン名に加えて、サーバー証明書の SANs という領域にドメインを追加登録することで、追加したドメインでも利用可能となるサーバー証明書です。

 
ヒント
ワイルドカード証明書とは?
コモンネームに 「*(アスタリスク)」を含むドメイン名を使用したサーバー証明書です。1 枚の証明書で 1 つのドメインに属する複数のサブドメインをすべて保護することが可能です。

■コード署名証明書
 
ヒント
EV コード署名証明書とは?
コード署名証明書は、開発者がソフトウェアにデジタル署名を行うことで、ソフトウェアの「発行元」や「ソフトウェアが改ざんされていない」ことをユーザーに明示し、正規品であることを証明するものです。

 
ヒント
EV コード署名証明書プレミアムとは?
EV コード署名証明書プレミアムには、EV コード署名証明書に加え、通常のコード署名証明書も付属しております。これにより開発環境を限定せずにご利用いただけます。 圧倒的にコストパフォーマンスに優れたセットです。

暗号アルゴリズム(ECC/RSA)は、秘密鍵生成時に指定してください。

有効期間必須

区分必須

更新の受付は90日前からとなります。
乗換元ベンダー名

他社からの乗り換えの場合、乗換元ベンダー名を選択してください。有効期間が60日延長されます。
更新元注文番号

更新元の注文番号(Order#)を、先頭の「0」を含む8桁の番号で入力してください。

更新時の有効期間は、更新元の残存期間プラス最大60日の延長となります。

見積書番号 または
キャンペーンコード

見積書またはキャンペーンコードをお持ちの方は、コードを入力してください。
注文書番号

利用約款の同意必須 申請組織は、DigiCertの利用約款「CERTIFICATE SUBSCRIBER AGREEMENT」を確認し、同意しています。

お申し込みの前に必ずDigiCertの利用約款をご確認ください。
コモンネーム必須

コモンネームには、半角英数字(a~z, A~Z, 0~9)と記号(., -)のみを指定してください。ワイルドカードの場合、先頭に「*.」を含めてください。

CSR作成時に設定したコモンネームではなく、この欄に入力された値で証明書が発行されます。

SANs(自動付与)


SANsには、コモンネームと同値が必ず含まれ、ワイルドカードの場合には「*.」を除いたFQDNも追加されます。
SANs

複数のFQDNを指定する場合、改行で追加してください。

  • 自動付与の値を含め、4FQDN以上は追加料金が発生します。
  • 自動付与の値を含め、5FQDN以上は追加料金が発生します。

SANsには、半角英数字(a~z, A~Z, 0~9)と記号(., -)のみを指定してください。

自動付与の値を含め、3FQDNまで定価で追加でき、4FQDN以上は追加料金が発生します。(最大25FQDNまで)

自動付与の値を含め、4FQDNまで定価で追加でき、5FQDN以上は追加料金が発生します。(最大25FQDNまで)

コモンネームに含まれるドメイン名と同じドメイン名で異なるサブドメインのFQDNであれば追加料金なく無制限に追加可能です。

サーバーの種類必須

コード署名証明書の
プラットフォーム必須

CSR貼り付け必須

「-----BEGIN CERTIFICATE REQUEST-----」から、「-----END CERTIFICATE REQUEST-----」までのハイフンを含めたすべての文字列を貼り付けてください。

発行される証明書のDNは、CSR作成時の値にかかわらず、DigiCertの審査で確認された値が反映されます。